究極の禁パチ方法を思いついたので、毎日更新を始めますw【001.脱パチンカスを目指して…】

思いついた…
究極の禁パチ方法を発見してしまいました。
それは、、、

パチンコ屋を買う事です!

何を言い始めるのだと思いましたか?
結構、本気で思っています。
買うと決めてしまえば、禁パチ、
パチンコを断つことは簡単かもしれません…

そもそも、依存症は病気です

当たり前の事ですが、ギャンブル依存症は病気です。
そして、この記事の筆者も病気です。
付き合い方を考えてきました…

負けなければいい…

身を滅ぼさない限りなら趣味…

還元率が良いから、良い思いも出来るはず…

全部、言い訳だと思います。
実際に、何とかなってしまっている為に、
この病気を放置しながら生きていた。

けど、はじめて真面目に考えました。

負けをギャンブルを使って回収しよう

思いついてしまえば、とても、簡単な事でした。

ギャンブルで負けたのなら、
ギャンブルでの負けた経験をもとにして回収しよう

その第一歩として、この記事を書き始めました。

中の人なら物理的には明日にも可能…

実は、この記事を書いている筆者(こあらの叡智)は経営者です。
資本金は、4,500万円の株式会社を預かっています。

つまり、代表取締役です。

その為、しっかりと銀行とお話をすれば与信の範囲内なら、
パチンコ屋さんを買う事は出来ます…

けれども、それでパチンコに来る人からむしり取って幸せでしょうか?

きっと、病気ではありますが、好きだからハマったのでしょう。
今でも好きだから、執着してしまうのです。

なら…
禁パチを記事にして稼いで、そのお金で買ってはどうでしょう?

とても、良いなぁと思いましたw

せっかくなので、自己紹介をしておきます

こあらの叡智 と名乗っております。
本業は、不動産賃貸業の会社を預かり経営しています。

執筆時は、31歳の脱サラ経営者です。

会社を預かっていると書く理由は、
親族の財産管理の為に作られた会社で、
実質的な支配者では無いからです。

しかし、代表取締役は経営者です。
労働基準法の外で生きて、3年以上になります。

詳しくは、コチラをお読みください

要するに、変人です。
そんな、変人がブログで稼ぎたいと思って、
最初はエログを書きました。

著作権法が改定され、最初に作っていたコンセプトでは、
権利侵害の可能性が出てきました…
コンセプトを変えるも萎えてしまい失踪して、
パチンコ屋で大負けした時に、この記事を書こうと思いました。

すべてを明らかにする為には、買うしかない

ホールコンピューターや遠隔、台の設定等
憶測で面白半分に書かれた情報は、顧客の状態では真実は分かりません。

なら、買ってしまえばいい

パチンコ業界が衰退するのに合わせて、
倒産する地方のパチンコ屋は増えています。

だったら、ある程度、本業とは別で儲けて…

パチンコ屋さんを買ってしまえばいい

ついでに、禁パチンコを記事にして、
同じ悩みを持つ仲間の少しでも役に立ちたい…

この記事は、そんな思いから始まりました。

続きが気になる方は、コメントなど残していってください。
また、ブログ運営のやる気になりますので、
他の記事も読んで言ってくれたら嬉しいです♪

それでは、また、他の記事で☆彡